メンバー

竹村 詠美

マッキンゼー米国本社や、日本のアマゾンやディズニーなど外資系7社を経て、2011年にピーティックスを共同創業。2016年以来グローバルなビジネス経験を生かした教育活動に取り組み、教育ドキュメンタリー映画「Most Likely to Succeed」上映・対話会の普及、2日間に2500名が集った「創る」から学ぶ未来を考える祭典、「Learn by Creation」主催や研修も行う。『新エリート教育 ~ 混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?』(日本経済新聞出版)を7月23日に上梓。 クリエイティブリーダーを育むための、学習者中心の学びやホール・チャイルドを育む環境をテーマに世界の先端教育を探究しながら活動中。総務省情報通信審議会委員など公職も務める。二児の母。

日出間 真理子

人と人を深いところで繋げプロジェクトを生み出していく、現場大好き人間。
NPO法人ETIC.に所属し、社会起業家や地域で自ら事業を作る人達の学び合いのコミュニティを企画運営する。人に寄り添いながらそれぞれの違い・良いところをコトバに表現して、教育・医療・福祉・農業・地方創生など分野を超えて「一緒にやろうよ」となっていく場作りをする。またLearn by Creation ハッカソンでは、教員・クリエイター・ビジネスパーソンが協働で授業を製作する場を企画した。
前職の鉄道会社では、現場社員の育成プログラムの立ち上げやリーダーシップ開発を担当。その時の経験から、学校時代の学びと職業人生をもっと有機的に繋げたい!と教育の道を志し、Boston University教育大学院へ社会人留学。教育政策・社会起業を学び現職へ。一児の母。

山崎 智仁

学びの研究と実践の両輪で走り続けるジェネレーター。
慶應義塾大学SFC研究所上席所員として、人・集団・社会についての研究活動を続けながらも、2012年より認知科学と教育実践をつなぐ国際コミュニティABLEの立ち上げ・企画・運営に携わる。
特定非営利活動法人東京コミュニティスクールでは、子どもたちと探究する学びを実践し、挑戦を見極め後押しする教員向けワークショップ「挑学のすすめ」ではワークショップリーダーを務める。
さらに、東京コミュニティスクールでの学びのデジタル化を推進し、ICTの学びのグランドデザインや業務効率化を行い、2019年Google for Education認定イノベーターに選出される。

小林 英恵

教育界のテクノロジシャン。リアルとバーチャルを融合した新しい学びを探究中。
大学卒業後、百貨店の和菓子売場でセールス・バイイングを経験。その後、ずっと夢だった公立小学校教諭に転職し、学級担任を務める。2020年独立し、オンライン学習ディレクターとして、私立大学のオンライン授業化プロジェクトや、経産省「未来の教室」実証事業:不登校児向け「チャット部活」の立ち上げなどに携わる。
探究型キッズプログラミング教室講師、IT系ベンチャー企業でECサイトの構築、子ども向けゲームアプリの開発など、「多動力」を活かしてパラレルキャリアを実践中。その傍ら、デジタルハリウッド大学大学院修士課程に在籍し、EdTechの研究をしている。

サポーターズ

青柳 貴宏

和光中学校 同校の研究部長を5年務める。和光中学・高等学校教育研究集会、和光学園幼少中高夏季合同研究会の運営に携わり助言者の先生達と共に教育研究を進めてきた。全国到達度評価研究会に所属、現在は総合学習について研究中。音楽が専門で60人規模の男声合唱団の指揮者・ピアニストとして5年間指導・演奏活動を行った。静岡大学在学中に日本ピアノコンクール第3位を受賞。

佐藤 充恵

聖学院中学校高等学校 新クラス統括部長
前任校 三田国際学園中学校高等学校(2013-2020)で理科主任を5年間務め、ICTを活用しながら生徒たちが自ら考えたくなる(思考の扉を開く)授業を目指してきた。
現任校では2021年度よりグローバルイノベーションクラスを立ち上げ、モノづくりコトづくりを通して世界貢献できる人材の育成を目指す。まずは「人を幸せにできる人ってどんな人だろう?」という問いから始め、STEAMやリベラルアーツの授業を通して生徒達と一緒に探究したい。
また校内研修も担当している。ICEモデルを校内に普及しながら、それぞれの教科独自の視点と教科を横断した学びの構築に挑戦中。
日頃心がけているのは、思いついたことを口にすること。もやもやも大切な気づきであること。

祐源 愛

常総学院中学校・高等学校 教諭 国語科
大学卒業後民間企業に勤務。
教育に携わりたい思いは燃え続け、母校の常総学院へカムバック。
教科主任5年。先生同士の情報共有・アイデア共有を意識し、先生も生徒も楽しい教科指導を目指す。
特別活動課課長4年。生徒も教員も含めた学校全体での行事運営の難しさとやり遂げたときの、これ以上無い充実感を体験する。行事のとあと、生徒が何回りもたくましく・やさしくなる瞬間が大好き。
学習指導課課長2年。教育効果を冷静に分析し、現場に還元していくサイクルの重要性を実感。職人技のような部分も持ち合わせる教員業務に実証を組み合わせることで、教員自身の自己研鑽につなげられないか、経験の浅い先生でも軸をもって現場にむかえるのではないか、と考えている。
次年度は学校広報の分掌に異動。新天地にワクワクしている。
基本的に熱しやすく冷めやすい性格で、興味を持って飛び込んだ習い事は星の数ほど。しかし、教育現場に飽きは全く感じず、好奇心は尽きない。ちなみに教育の次に長続きしたのは剣道12年。3段。

平井 聡一郎

情報通信総合研究所ICTリサーチコンサルティング部特別研究員
合同会社未来教育デザイン特別研究員
茨城大学教育学部非常勤講師、文部科学省ICT活用教育アドバイザー、総務省地域情報化アドバイザー、南牧村教育CIO等
 茨城県の公立小中学校で教諭、教頭、校長を22年、教育委員会指導主事を11年勤めた後、現職。ICT機器活用を切り口とした授業改革に取り組み、ICT機器整備から活用まで、幅広く自治体や学校のサポートに取り組んでいる。また、ICT関連企業のアドバイザーとして、これからの学校教育を支えるICT機器、アプリの開発に関わっている。さらに、国等の教育関係の委員等を歴任している。
 ここ数年はGIGAスクール構想の実現による教育改革、サポートしている自治体、学校におけるPBL、STEAM等の導入に取り組んでいる。